top of page

エンジン汚れ

更新日:2022年9月23日

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


久しぶりに過ごしやすい日中でした。風もなく日が照って少し暖かく感じました。


こんな日はどこかへドライブに行きたいですね。


さて、本題ですが、エンジンオイルはエンジンの中に発生する汚れを絡めて落とし、回転部や摺動部に抵抗が発生しないようにしています。


必然的に汚れてきてしまうのですが、定期的に交換しないと汚れたオイルがずっと回り続けるので、エンジン内部はさらによごれていきます。


そこで、エンジン内部の洗浄をするオイルがあるのです。


一般的にいう『フラッシング』と言うやつです。


通常のオイル循環では取れない汚れを落としましょうということなんです。


サンク福岡では、専用のフラッシング剤を使用しています。


それがこれですね。


いままでいろんなフラッシング剤を試しましたが、これが一番良かったです。


これをエンジンオイルに混ぜて掛けっぱなしにして放置します。


しばらく回したのちに、オイルとエレメントを交換すると、エンジン内部は綺麗な状態で、綺麗なオイルが回ってくれます。


写真左のトリートメント剤とセットなんですが、このトリートメント剤もかなりの優れものでして、


入れると効果は体感できます。


トラブルなく乗っていくために一度試してみてくださいね。

閲覧数:10回

Comments


bottom of page