ドライブレコーダーのトラブル

更新日:9月26日

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


今日はおかしな天気です^^;ザッと降ってパッと上がってムシムシするだけ^^;


この調子だと、今年は水不足になりそうな気がします。


おかしな天候ですが、先日の筥崎宮では百合も咲いてまして…^^


参道にある花庭園なんです。百合の香りは鋭く強く香ります。、園内は香りがいっぱいです^^


ゆっくり眺めながら数枚撮ってみて、いいのが撮れました♪


欧州では百合は母性の象徴なんだそうです。今度いつものモデルさんに頼んで撮ってみたいと思います(笑)


さてさて、事故やあおり運転と言ったトラブルを記録するのがドライブレコーダーなんですが、いざというときに記録されていないとか…


そんな事態に陥らないようにしておきたいことが一つ。


それは、SDカードの交換です。


今はマイクロSDカードが主流ですね。このカードも機械なので当然壊れます。


ちょこちょことあるのが、ドラレコからピーピー音がするなどのご相談。


ほとんど場合はSDカードを交換すれば直ります。


右が本体で、左はPCで読み込む時のアダプターですね。


これもいろんな種類がありますが、有名なメーカーのものを買っておかないと、記録できていないとかがありますよ!


例えばパナソニックであったり、サンディスクだったり、トランセンドやレキサーなど信頼できるメーカーのものを購入しましょう。


新品に入れ替えたのに記録できていないという場合にはメーカーによる差が大きく影響します。


規格に基づいて作っていて、クラス10ならクラス10規格のはずなんですが、書き込み速度に差があるため、


書き込みにおけるバッファ処理が追い付かない状態になると、書き込みができないんです。


なので、肝心のシーンが写っていないということになってしまいます。


交換の目安は1年ごと。


まだ使えてるからいいや、ではなく、替えましょう(笑)


最新はSSDのようなハードディスク内臓で、走行しながらクラウドに保存していく…というタイプもあるそうです。


サンク福岡でのオススメモデルはコレ。


ルームミラータイプ。


このタイプの最大のメリットは、後方視野角が増えます。サンクおすすめのこのモデルはフルハイビジョン!


この手のドラレコの場合、フロントカメラをモニター外側に内蔵しているタイプが有ったりするんですが、当社の場合は、カメラは独立になってます。


リヤカメラが付くのは当たり前なんですが、サンクのモデルはバックカメラも付きます!


リヤカメラはココに。



バックカメラはココ。


リヤカメラとバックカメラを共用にしているようなモデルもありますが、ルームミラーであり後方視界と言った時に、リヤカメラとバックカメラでは欲しい情報が違うんですよね。


フロンカメラ ミラー型モニター リヤカメラ バックカメラ と点数は増えますが、こうしておくことで、カメラが壊れる、モニターが壊れる。その場合はその部分を替えればいいだけ。


その次にオススメはこれ。


これは前後記録タイプなんですが、SSDのようなハードディスクを内蔵しています。SDカードはデーター移行して確認するために使います。走行中は使いません。


このモニターの裏にフロント監視カメラが付いています。モニターも従来品よりも大きくなって見やすくなってます。


一時期の携帯電話やスマホのように、日々進化して、新型に切り替わるのが早いですが、記録できていないともらい事故でも泣き寝入りしなくてはならなくなります。


そんな事にならないように、SDカードは交換しましょうね^^


前後タイプからルームミラータイプへの移し替えもいいですよ^^


夜が見やすいですから♪

閲覧数:7回