top of page

ファインチューン Fine Tune

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


帰省時に行ったラーメン屋さん。おススメなんですが、せっかく遠出するなら観光ですよね(笑)


ちょっと観光案内を。


まずはココ


曾木の滝です


東洋のナイアガラと呼ばれる大瀑布。


高低差は15mほどですが、幅が300mくらいあったと思います。


この水を使って、日本初の重力式水力発電所が作られます

https://www.sanc-fukuoka-service.com/post/bakin-lotus-caterham-それぞれの7

この記事に書いている野口遵氏が作りました。その電力はチッソ水俣工場へ送られ、工場は稼働するようになります。


もちろん周辺住民はもちろん、旧大口市もその恩恵を受け、日本国内においても早くから電灯が普及していきます。


実は、この曾木発電所、一部は現役です。


この曾木の滝公園内の一角にこういう施設があり、これは曾木地区の住民へ送られています。


野口氏は素晴らしいです^^


そして、これが当時の導水路。


国の文化財として保存されています。この先がヘッドタンクになり、そこから落ちる水力で発電している…


これは実際に見に行った方がいいですね^^


興味深いのは、柳原白蓮女史も来られています。



この観光案内はもうちょっと続きます。


さてさて、ファインチューン。


ちょっと古めの車を正常な状態へ持っていくこと。


大幅にパワーを上げるとかそういうことじゃなく、あくまでも疲弊した部分を強化していく。


そういうことファインチューンと言います。


私の車、


30年前のJA11Vジムニー。古いですね^^;


まずは、点火系をリファインしていこうと♪


この車には今の車には付いていないプラグコードが付いてます。


さらにデストリビューターもついてます。こまかくは省きますが、その中の部品もトラブルの原因になるので交換します。


これが回って点火タイミングの信号を出しているんですが、ひどい状態でした(笑)


スズキなので動いてましたが、輸入車ならエンジンかからないんじゃないでしょうかね?


それくらいの痛みです。


これとキャップ、それにコードを変えたら、次はイグニッションコイルを変えます。


12Vを昇圧してプラグへ伝え火花を飛ばす。その大元。


それを強いタイプへ。MSDに替えます。


当然スパークプラグも替えて、点火系が一新。


さてどうなるかというと、交換したすぐは不安定です。


燃焼状態が良くなるため、センサーが迷い制御が不安定になる。


悪いことですね^^;


それは走って学習してくれます^^


走った感想は中速が太ります。5速60km/hで坂を登って通勤するんですが、その坂は今まではシフトダウンしないと登れなかったんですが、そのまま加速できるようになりました^^


そして燃費。


交換前 10.8km/L


交換後 10.6km/L


落ちてますね^^;


しかし、からくりがありまして。交換前データーは去年12月。


交換を正月の休みに行い、休み明けの通勤から霜が降りるようになっているので、暖機運転を15分ほど行っています。


毎日そうやって燃料を消費してても0.2km/Lの落ち…


実質上がっていると思います。


その辺のデーターはまた詳しく載せていきます^^


こういった古い車のファインチューンも得意としています。


旧車オーナーの皆様!


調子いいから見なくていいよ!ではなく、ちょっと見せてもらえません?


さらに元気に調子よくして見せますよ♪


古い車もサンク福岡へどうぞ^^

閲覧数:12回
bottom of page