top of page

ロータリーエンジン復活!

更新日:2023年10月2日

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


みなさんは朝ごはんちゃんと食べてますか?朝ごはんを抜いてる方、多いんじゃないでしょうか?


医学的見地からすると、これほど健康に悪いことはないんだそうです。朝ごはんでしっかり栄養を身体にまわしてあげてこそ、いい活動が出来るんです。


今日、朝早くから用事があり、終わってからお腹空いたのでご飯を食べにとある牛丼屋さんへ^^


すき家さんです^^ どんぶりご飯が食べたくて(笑)行ってみたんですけど、今は朝定食があるんですね^^


これは、ソーセージエッグ定食^^


美味しいですよ♪ ごはん大盛で450円♪ いい朝ごはんでした♪


お味噌汁も美味しかったです^^ 貝汁に変更できるといいんだけどなぁ~♪ゼンショーさん、その辺出来るようにしてもらえませんか?(笑)


さてさて、先日Mazdaがロータリーを復活というニュースがありました♪


うれしい限りです^^ ロータリー大好き♪ 父親がRX-3に乗っていたことがありました(笑)


その影響ではありませんが、私も数か月ですが、SA22CとFC3Sは乗ってましたよ♪


その当時は極悪な燃費に泣かされ維持することが出来ずに売却しましたが。


ロータリーは市販実用はMazdaだけと言っても過言ではないでしょう。


元はドイツのNSU。ヴァンケルという方が開発実用しましたが、途中で放棄。


Mazdaが権利を買って続きを開発し続けたわけですが。


コンパクトでハイパワーが出せるので、当然レースでも使われます。


日産のハコスカGT-R50連勝を止めたのは、Mazda サバンナRX-3。RX-3はその後100連勝。ほとんど語られることはありませんが100連勝。


大きなレースで勝利したと言えば、やはりルマン。1991年のルマン24時間。


92年からロータリーエンジンの参戦禁止が決まっていただけにどうしても勝ちたいMazda。


前年の787から改良した787B。何が変わったのかは、ストレート重視からコーナー重視へ変えたこと。


エンジンは市販13Bを二個つなげたR26Bの4ローター。


これがものすごくいい音するんですよ♪ ひときわ甲高く響きます♪


レース開始から中盤の先頭集団に埋もれてたのですが、徐々に抜け出しまた、トップグループのモンスターたちも次々にリタイヤ。


前を走るのがメルセデスになって、どうしても前に出たいMazdaはペ-スアップの指示。


驚いたのはほかのチーム。その時間にきてペースをあげて最後までモツはずがない。


なんせ、1秒以上のペースアップをしましたから(笑)


完全勝利じゃないと気に食わないメルセデスもペースアップ。しかしながらエンジンは悲鳴をあげストップ。


トップに出るとそのままチャージMazda55号車の勝利。


勝つべくして勝った背景もあるんですが、ルマンで日本車が総合優勝。しかもロータリーエンジンで。


ロータリーエンジン禁止の92年からMazdaは撤退。(93年から規定変更で参戦可能になりましたが参戦してません)


国内レースでも、ツーリングカー選手権やドラッグレースで、プライベーターの駆るロータリー車は活躍します。


有名どころならRE雨宮、藤田エンジニアリングなんかが有名ですね。


藤田エンジニアリングの20Bのユーノスコスモは乗ってみたかったです☆


今、20Bコスモっていくらぐらいするんだろ?いいのがあれば乗ってみたい(笑)


今回ロータリエンジンを積むのはMX-30というSUV。プラグインハイブリッドらしいです。


RX7シリーズ復活するんでしょうか?復活してほしいですね。


暗い話題の多い昨今ですが、いいニュースです☆


でも、ガソリン価格が(笑)

閲覧数:22回

Comments


bottom of page