冷却水漏れ・水漏れ

更新日:4 日前

皆さんこんにちわ。


雨の上がった日曜日いかがお過ごしでしょうか?


サンク福岡サービスは元気に営業中です。


さて、タイトルの水漏れ。


内燃機関を搭載する自動車は液冷化されて久しいのですが、


無くならないトラブルが水漏れ。


冷却水漏れです。


冷却水が無い状態で走ると、オーバーヒートしてしまい、エンジンは動かなくなってしまいます。


水の沸点は1気圧100℃ですが、100℃で沸騰してしまうと冷却することが出来なくなってしまいます。


そこで、圧力をかけて沸点を130℃付近まで引き上げているのが自動車の冷却水システム。


人間も同じで、熱があっては本来の力を発揮することができません。


こちらの車両は、冷却水サブタンク交換中です。


そしてこちらは、走行中に冷却水レベル低下の警告灯点灯


加圧機で加圧して、エンジンをかけチェック。写っているこのパイプが怪しい。。。


暑い夏を経て機械も疲れたんでしょう。ここのところ水漏れ修理は続いてますね。


オイル交換に来店され、オイル交換中に水漏れを発見する事も多々あります。


しばらく車の点検してないな…とか、タイヤの空気見てもらおうかな?とか


何でもいいんです。ご来店されお車を見せて頂ける機会があれば、何かしらの不具合カ所を発見することがあるかもしれません。


だましだましに乗っていても、機械が自己治癒することはありません。


走行不能に陥る前に。


ご来店をお待ちしております。


水漏れ修理の息抜きに吸気系洗浄のRECS施行。



閲覧数:3回