top of page

動物侵入注意!

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


ずっと書いてる帰省の記事ですが、母の入院の為の帰省だったんですけど、入院の日までに警察や父の友人などにも数日間いませんよ。と伝えて回ったり、それまでの検査の結果と手術の内容などの話を医師に聞いたりしながら、入院の当日に母から、気分転換に温泉で泊まってきたら?と提案。


もったいないよ?と言っても聞かず… 姉一家が来ると部屋が無いので仕方なく温泉旅館へ(笑)


海の見える旅館で夕陽でも撮ってみようかと、はじめはそういうところへ…イメージが違ったのでもう一つのところへ。


そちらは山の中(笑)湯治場と有名な湯の鶴温泉。そして選んだお宿がコチラ


〒867-0025 熊本県水俣市湯出1561−1 にあります 温泉ゲストハウスTojiyaさん

TEL:0966-68-0008

公式HP ※人気宿なので予約をする方がいいでしょう。


基本朝食付き素泊まり一人4500円~ 二人だと一人4000円~ 朝食はパンとヨーグルト、コーヒーのセルフです。キッチンもありますので持ち込み調理可。


夕食等食べるところは一軒。居酒屋BAR 山鯨というお店があります。


温泉地なので立ち寄り湯あり。詳しくはHPを参照。


私が案内されたお部屋は…


いいですね~^^ 以前は湯の鶴ホテルという旅館で160年の歴史があったらしいです。※観光案内看板に記載あり


お風呂は三つ。まず男湯


湯船は下の階



泉質はアルカリ性単純泉、硫黄臭はありません。女湯は…※管理人さん許可の上で入室して撮影しています。


男湯と左右が逆になってます。


お風呂は両方とも広く清潔で優しい空間です^^ 立ち寄りでもいいかもしれませんね。


そして、もう一つ。貸し切り湯。誰もいなければ入ってくださいと言うもので、入浴中の立て札があります。


お湯は少し熱めかな?半露天でぬるくはなく、浸かって冷まして気持ちいいお風呂でした。


外観。


そうそう、お部屋は禁煙。喫煙所があります。


ここは平家の落人から始まった集落なんだそうです。※地元のお母さんにインタビューしました。


日常を忘れ疲れた心を癒すのにもってこいな温泉地と旅館です。続く(笑)


さてさて、毎年のことながら、この寒い時期に車に侵入するのが野生動物。


本日入庫のアルファロメオ ミト。



12か月点検でボンネットを開けると…


さっそくの違和感…


泥汚れ。小さい何かが侵入してます。エンジンルームって暖かいし風も吹かないし天国なんですよね。このプラカバーの上ならエンジンが冷めても冷たくはなりませんし…


しかし、まさか動物が侵入しているなんて普通は思わない^^;


出勤しようとエンジンを掛けるために…


まず、ドアロック解除の音で目を覚まし、ドアの開閉の音で逃げる体制に入り、エンジンを掛けるとびっくりして逃げ出す…


逃走ルートは進入路とは限りませんが、エンジンがかかってからこの侵入者に動かれると悲惨なことになります。


この車の写真、


登って来たルートにはベルトがあります。エンジンがかかるとベルトは動き出す。ベルトに巻き込まれるって意外と強いもので、毎年整備士もツナギを巻き込まれて大事故になったりしてます。


そうなると… 

あとは想像してください^^;


今の車って、下もフルカバーに近い状態にはなってます。が、中古車である以上、前のオーナーが意図的に外していたり、また自分で外したり。なにかにひっかけて破れて外したりと…


なにかと隙間が出来ているんです。後ろ側から見ると、


どうぞお入りくださいと言う状態。ほとんどの車がこういう状態です。仮にここが入れないように塞がっていたとしても、


タイヤハウス奥には入り口があります(笑)ハンドルを切ったりサスペンションアームが動くための逃げのために口が開いてます。


なので小動物侵入を防ぐことはほぼ無理です。


じゃ、どうすればいいのか?


朝、ボンネットを開けましょう。上から叩くのもありですが、叩き方を間違えるとボンネット凹みます(笑)


ボンネットの開け方がわからない?


前座席の足元を見てください、こんなレバーが付いてます。


国産車なら必ず右の足元か、ひざのあたり。輸入車は右だったり左だったり。BMW系だけはX2と書いてますので、二回引っ張ってください。


トランクリッドは電子式になってる車もありますが、ボンネットはワイヤー式なので必ずこういうレバーが付いてます。※メルセデスベンツは覗き込んだ上に赤いレバー


これでボンネットが浮くんですが、BMW系はそのままボンネットを上にあげればOK


他は、開いた隙間に手を突っ込んで、またレバーを探してください(笑)


バンパー側かボンネット側にこんなレバーがありますのでこれを押したり横に動かすと開きます。


私はまだ経験ありませんが、整備士仲間から三回、そういうことで処理をしたという話を聞いたことがありますが、悲惨です^^;


私が経験したアンダーカバーを外して出てきたもの…干からびたスズメとネズミ 何かの骨 なにかのう〇こ 


あとは、フロントガラスに突き刺さったハトとツバメ…


一番衝撃的だったのは、サンク福岡で車検見積もり中に…


エビ(笑)


これは生涯忘れないと思います(笑)エビ(笑)衝撃ではなく笑激ですね(笑)


これからの寒い朝、ボンネットを開けて確認しましょう^^

閲覧数:26回

ความคิดเห็น


bottom of page