top of page

水漏れ修理は続くⅡ

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


すっかり秋ですね。朝と日が沈む頃からの肌寒さはこたえます(笑)


そして、秋の華やかさと言えば、


ここは歴史的建造物で、桜や菜の花で有名な水城跡。まだ4~5分咲きといった感じです^^


コスモスポートレート ※モデル本人掲載許可済み


撮影時間がちょうど夕日の時間で、綺麗な透過光が撮れました^^


結構な枚数撮っているので選別に苦労します(笑)


コスモスで有名なキリンビール朝倉工場は今が見頃の7分咲だそうです。来週行けたらまた撮ってこようかと。


さてさて、同じ内容の故障は不思議なことに続くもので、またもや水漏れです。


オイル交換に来店のお客様。ボンネットを開けると冷却水のタンクの中が異常に少ない。


どこだどこだと探してみると…


わかりやすいようにいろいろなものを外してますが、漏れていたのはサーモスタットケース。


最近の車は、コストダウンと軽量化でプラスチックパーツがよく使われています。


熱が入って歪んで漏れたんでしょう。漏れた個所を拡大してみると…


わかりますかね?黒い部品の上、緑っぽいのが漏れ跡。黒い部品がサーモケースでプラ部品。


外してみると…


当然なんですが、熱いお湯にさらされ錆びてしまっています。


このまま水だけ足して乗っていたら、修理する際には、このネジは折れてしまいます。


素直に抜けてくれました^^


外したケース。


漏れ跡がガッツリ。


拡大してみましょう。


どうやらエンジンとパッキンに隙間が出来て漏れたのではなく、パッキンとサーモケースに隙間が出来て漏れていたようです。


ネジで抑え込んである部分なのに。


熱で歪んで痩せてしまったんでしょうね。

エンジン側接合面。汚れていますので、これも掃除。


砥石で削って平面にして組み込んでいきます。


組み終わったら、冷却水を真水で割って注入。


きちんと冷えるように水管内のエアを抜いて、試乗テスト。翌朝、冷却水の量を確認して、不足ならば足して、漏れの確認をもう一度して、お客様に連絡です。


今回、追加部品も出ることなく、スムーズにできました♪

閲覧数:17回
bottom of page