top of page

部品供給が無い時には?

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


サンク福岡で扱う車両の中には、部品の供給が無いケースがあるんです。


困ったことに。


その場合、部品の寸法から同じ部品を使っている車を探し、そこから手配したりします。


その車の部品供給も終了している場合、修理不可能となってしまいます。


大量生産された大衆車で30年経過している場合や、生産量の極少数な特別なモデルの場合にそういうことが多いですね。


ある程度の人気があり、知名度も高い車の場合は、海外においても愛好家が多いため、部品はある程度どうにかなるもんです。


部品の供給が終わってしまう代表的な部品にブレーキ関係があります。


ブレーキの部品供給がないと車は乗ることが出来ないですよね。


でも、作れる場合もあるんです。


パッドやシューは張替が出来ますので、供給が終わってしまっていてもなんとかなります。


次にブレーキホースです。これも供給が終わってしまうことが多い部品。


そして、比較的簡単に作ることが出来る部品です。


古い車でホースのカシメの部分が錆びてしまっている…


前の記事に書いたBARKINの7のリヤブレーキホース。フロントも同じように錆びてしまっていて、一台分三本作ります。


ただ、この車はホース自体ちょっと特殊でして。ホースエンドの部分


こういう風にバルクヘッドがホースエンドになっている^^;


付けるときに捻じれてしまうやつ…


取付もスムーズに、錆びないように作ります。


作っていく模様はまた次回に…

閲覧数:14回
bottom of page