top of page

錆の進行

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


梅雨が明けそうな大雨になってますね^^; 災害にはくれぐれもご注意を。


撮ってきました♪夏ポートレート♪




※モデル本人掲載許可済み


と、まぁこんな感じで撮りつつ、、、


この日の衣装は二つ。もう一つの方に神ショットがあります^^ それは公開することは出来ませんが(笑)


浜にはカニが歩いてました♪


そして、カメラ壊れる(笑) シャッターダンピング現象でシャッターユニットの交換なんですけど、部品がない(笑)


もっかの悩み(笑)


さてさて、前に何回か記事にしている錆び処理。錆を落としての処理や燃料タンク内の錆び落としなど。


燃料タンクの錆びの場合、進行するとタンクに穴が開きます(笑)笑えないんですけどね。


で、もちろんそれは、燃料ラインを通っていろんな影響を与えます。


こんなところにも、、、


インジェクターです。燃料噴射口に(-_-;)


こんなところに錆があるということは、錆を噴射している可能性が大きいですね。


インジェクターは交換。当然フューエルポンプもフィルターも交換。


シリンダーやバルブなどに影響がないかどうかはエンジンをばらさないとわからない。


今回はそこまで確認できないので、影響がないことを祈って…


長期乗らない場合の保管にはくれぐれもご注意を。


みなさん外見は気にしますが、中身は気にされないようで、こういう車両で見積もりした場合、高いだのなんだのと言われる方もたまに。


まず、そうならないように乗らなくてもエンジンは時々掛けること。


一番いいのは1~2kmでいいので乗ってください^^


乗って走ることが最良の保管方法です。

閲覧数:39回

Comments


bottom of page