top of page

モールの再生

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


今日は秋分の日ですね。昼と夜の長さが同じになる日…なのですが、正確には昼の方が14分長いんです(笑)


そしてお彼岸。お盆にお墓参りしたかたも多いかと思いますが、今日もお墓参りの日(笑)


先日も載せてますが、お彼岸はヒガンバナ。


白い彼岸花。白花曼殊沙華といいまして、赤より遅れて咲きます。2~3日遅れる程度ですけどね。


赤がF1種で種子から増えることが出来ないのに比べ、こちらは2倍体なので種子からも増えることが出来ます。


赤と交配したのか、ピンクに染まるシロバナもあったりします。綺麗ですよね^^


他にも黄色もありますね。


黄色はショウキズイセンと言います。鍾馗水仙と書きまして、鍾馗は中国の道教に発する鬼神です。


日本では端午の節句に画を飾ったり、疱瘡避け、厄除けに屋根に乗せたり。


なぜ鍾馗になったのかはわかりません^^;


こちらは赤に遅れること一週間ほどで咲きます。


やっぱり赤が好き(笑)


アゲハ蝶もやってきますが、アゲハ蝶って着物美人に見えません?(笑)


これはキアゲハという種類。次の休みは彼岸花Xアゲハ蝶をテーマに撮ってこようかな^^


さてさて、車にはモールと言う部品が取り付けられています。大抵はゴム製なんですが、飾りにアルミ板が被っていたりメッキ処理されていたりするんですが、


このアルミ板は腐食して、シミのような模様になってしまうことがあります^^;


それを再生して綺麗なモールで車の印象を変えましょう♪


再生する前の状態を撮り忘れましたが、処理中はこんな風に…


磨いて磨いて綺麗にしていきます^^ 結構な労力要ります^^;


磨いたあとは…


こんなに綺麗になるんですよね。このアルミ板はアルマイト処理されているものなので、本来はシミのような劣化もしないはずなんですけどね(笑)


でも、磨いて綺麗にしてもこのままだとまた劣化していくので、これにボディコート剤を塗っていきます。


すると…


綺麗でしょ^^


ピンポイントですが、モール全体が光りだすと車の印象が変わりますよ♪


車をきれいに保つことはもちろんですが、綺麗に魅せるコツはフロントウィンドウをとにかく綺麗に。


フロントグリルのメッキをきれいに。


あと、こういった小さなモールをきれいに。


この三つで車の印象って変わるんです。


モールにシミがあって綺麗にしたいとお考えの皆さん!


サンク福岡サービスにお問い合わせをどうぞ^^


交換すると高い部品もこうやって再生できますよ^^♪

閲覧数:19回

Comentarios


bottom of page