top of page

日々成長中

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


古湯温泉街を抜けて行こうかとゆっくり走らせていると…


路地の奥に燃えるような紅葉…広場でUターンして奥へ^^


鳥居からわかるように神社です。ここは、古湯山中権現山公園 彦山大権現神社。


見ごたえのある紅葉でした^^この階段を上がった先に社があるんでしょうか?


上がってみると…


ひたすら紅葉と枯れ葉。


公園として整備しようとしていて、途中で止まってる感じです。階段を登り切った先には踊り場のような広場があり、苔むしたベンチが二つ。


その広場から左右に分かれて山を登る道。それを登るとお社というか庵というか…


それは徐福の庵と呼ばれていて、掃除はきちんとされているんですが、道中が山道です。


徐福とはだれか?


秦の始皇帝の時代、始皇帝に不老不死の仙薬が東の島にあり、それを取ってきます。そのために童男童女3千人、工夫100人、財宝 五穀の種を持って船出した人物…


ほぼ神話ですね。


現在の山東省の海、渤海の先に三神山というのがあり、そこを目指したんだとか…


史記 巻百十八 淮南衡山列伝にそういう記述があり、それを元に生まれた徐福の来日伝説。


そして、この古湯温泉を開いたのはその徐福。およそ2200年前のお話…


徐福伝説は世界各地にありまして、佐賀県金立町では、カンアオイをフロフキと呼び葉を煎じて咳止めなどに使うそうですが、不老不死が訛ってフロフキ…面白い(笑)


話が逸れましたが、見事な紅葉だったのでちょっとパチリと^^


ボディーコーティングが嬉しい♪


今一押しのメニューはG’ZOXボディーコーティングです☆


さてさて、新加入の二人。吉岡君は加入してもう半年が経ち、かなり一人で出来るようになってきました^^


メルセデスベンツ Eクラスの車検整備でブレーキフルード交換中。


まだまだこれからの成長が楽しみです♪


先日記事にしている安河内さんは…


経験者ですから打てば響く。説明も必要最小限でいい。安定した力を発揮中。


あとは、会社の雰囲気と入出庫の流れに慣れてしまえば、


な・ん・で・も・こ・い!!


という感じですね(笑)ま、ゆっくりじっくりやっていってもらえれば~と思います^^

閲覧数:27回
bottom of page