top of page

水漏れ~ウオーターポンプ~

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


急激に冷えたかと思えば、また暖かいですね^^; ご自愛ください。


この時期の七山にいったら、やっぱりココ。


『観音の滝』日本の滝百選のひとつです。昨年の記事でも書いてますが^^;


紅葉は…終わりかけでした。


夏の豪雨で遊歩道の一部損壊があって、滝つぼへ降りることは出来ませんでした^^;


滝の上、生目堂へは参拝できますのでどうぞ^^


こういうのが落ち着く(笑)


今季は綺麗に染まるところがなく、早いかまだ染まっていないか…どうしちゃったんでしょうね。


昔は綺麗に染まっていたんですがね~


さてさて、先日オイル漏れを書きましたが、今日は水漏れ。


なにか液体が入っていれば漏れてくる。それは人も同じようなもの(笑)


まずは12検で入庫のフォルクスワーゲン パサート


走行距離も伸びてないのでトラブルはないだろうと見ていくと…


ミッションのベルハウジングの上になにやら…


オイルっぽい… けど、こんなところにオイルラインはなく…


覗き込んでみるとウォーターポンプから漏れ跡。でもなんで黒くて粘性があるの…?(笑)答えは後ほど


部品を注文して、ばらしていきます♪


なにやら歯車が出てきます。


この車のウォーターポンプはエンジン裏側でコグベルト駆動。通常の車は、エンジンの前側でファンベルトで駆動されてます。


さらにポンプ本体を外します。


ラジエターホース ヒーターホース ブリードホーズを外して、本体外すとこう。


この面は綺麗に掃除&面取りして…


さっきの黒い水の正体は、水でふやけて削れたベルトのゴム。


このベルトは同時交換部品でもあるので当然交換。


漏れていたのはココ。


パッと見にはわかんないですけどね(笑)


組み上げていき、


LLCを入れたらエア抜きして様子見ながら試乗。実際走らせるのと、空ぶかしでとでは負荷の掛かり方が違うので、ミスしていないか?冷却水はきちんと回っているかを確認するのに試乗してます。


そしてもう一台。


フォルクスワーゲン THE BEETLE


わかりにくい写真ですが、エンジン前側のバルクヘッド側。


こちらはファンベルト駆動。外してみると…


プーリーと羽根車を繋ぐ軸からの漏れ。この漏れ方はよくあります。


フォルクスワーゲンだけじゃなく、BMW Peugeot/Citroën ポルシェ 等々


こんなに漏れるなら空冷にしてしまえばいい!


などと思わないこともないんですが(笑)


でも、水冷でないと排ガス基準はクリヤできないし、エアコンなどの快適装備も快適に動かない(笑)


快適に乗るために、点検はしましょうね♪


点検ケチって、トラブルを未然に防げないと、出先でトラブルが…


そうなると、余計な出費が^^;


最悪乗り換えなんてことも…^^;


トラブルはないに越したことはありませんので♪

閲覧数:32回

コメント


bottom of page