top of page

DUCATI Monster

更新日:2022年9月23日

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


久しぶりの更新となってしまいしまた。


更新していない間もお読みいただきありがとうございます。


さて、本日は入庫車輛のバイク、ドゥカティのモンスター


初代は93年デビュー。


851ストラーダのフレームに900ssの空冷エンジンを乗せて、ネイキッドバイクとしてデビュー


フルカウルスポーツバイクのドゥカティがネイキッドを作るとこうなる。


当時のネイキッドバイク事情は、ゼファー1100、XJR1200、CB1000をはじめとして各社各排気量でラインナップが充実していた時。


ドゥカティは先進的デザインで、他のネイキッドとは一線を画すスポーティーな味付けに。


各所を見ていきましょう。


まずはフロントの足


オーリンズの48㎜倒立。スプリングプリロードと伸び側の減衰圧調整付き。


ブレーキはブレンボ製モノブロックラジアルマウント。ディスク径は330㎜だったかな。


イイものおごってありますね。


リヤはならではの片持ち。


ショックはオーリンズ。リザーバー付きでフルアジャスタブル。


マフラーは定番のテルミニョーニ。ドゥカティでパワーを出すならコレ。


国産にはないデザインでクオリティ。


いつかはドゥカティ。


憧れますね^^

閲覧数:6回

Komentarze


bottom of page