top of page

TVR~SPEED SIX~

皆さんこんにちわ。いかがお過ごしでしょうか。


今日はコチラ!


〒847-1102 佐賀県唐津市七山馬川43−1に有ります『梅心』さん^^


梅心と書いて、うめもと と読みます。


お蕎麦屋さんなんですが… ちょっとね、ものすごいの食べました♪


ここまで美味いというのはこれで二軒目。


まずは、お茶。そば茶。非常に薫り高いいいお茶です♪この時点で期待MAX!


ここも古民家と言うか、友達の家デス(笑)モダンに改修されていて、居心地のいい空間になってます♪


頼んだのは 天麩羅そば ヤマメのから揚げ 山葵おにぎり の三品。


えぇ、お蕎麦よりヤマメが目当てでした(笑)もちろんそばっ喰いとしては蕎麦も目的なんですがね(笑)


驚いたのがコレ。


前菜が出てきまして… コースは蕎麦膳と言うのがあるんですが、予約制ですと言われそれは頼めなかったんです。なのに前菜。


????????????となりました????????


蒸し銀杏 菜の花の辛し和え だし巻き卵 キンカン 大根とニンジンのたくあんに飾りの菜の花^^


和食のこういう心遣いって最高ですよね^^


同行者のお皿には桜🌸


サクリストとしてはテンション爆上がりです(笑)


一つ一つ丁寧に仕込まれていて非常に優しい味。ちょっとここまでのものはないです。断言できます。


そして、お蕎麦♪


品がありますね^^ 出汁の薫りの中から香る蕎麦香が非常に心地いい。二八だと思います。ツルっとした細いお蕎麦。


蕎麦の実の保存がいいんでしょう、ホントに香りがよく味も尖がっていない。喉を通すのがもったいないくらい(笑) なんども噛みしめて鼻から蕎麦の薫りを抜く^^


繊細なお蕎麦で伸びるのが早く、伸びた分出汁に香りが移ってしまうので、心ならずも早く食べる方がいいでしょう。


テーブルに置いてあるのは一味と七味。七味は掛け過ぎるくらい掛けた方がいいですね。お蕎麦が引き締まります。


そしてそして、ヤマメ!


身が割れてしまってますね^^; 高温で一気に揚げたんでしょう。と思いきや、焦げが無い。それに、今まで食べてきたヤマメより白く揚がっている。


不思議だな~と思いつつ…かぶりついてみると…


なんと言いますか。言葉が無いとはこのこと。美味い 旨い おいしい 等々…


どれも言葉足らず。


こんなに美味しいヤマメは初めて食べました。ホクホクでふんわりしていて、油っぽさは皆無。


敷いてある天麩羅紙にも油は付いてないんですよ。スチームオーブンなのかな?


なんにせよ、これは事件級に美味しいです^^


山葵おにぎり。本わさびを鮫皮でおろしてあるのでしょう。ワンテンポ遅れてからツンッときて、山葵の甘さが広がり海苔の薫りが広がってくる。止まりませんね(笑)


そうそう、天麩羅(笑)忘れてた(笑)


ピーマン かぼちゃ ナス サイマキともう一本甘エビのようなエビの天麩羅。


これも絶品。衣はそばつゆに合うよう常識外れに薄くぱりぱり♪ほんと薄い衣が絶品!


なんなんだここは!と思っていると、締めに出てきたのが…


お蕎麦の羊羹^^ ちゃんとお蕎麦の味もしますし、小豆の味もします。


これね、両方邪魔しないし、片方だけ出てこない。あずきもほんのりなので余計に美味しく感じますね。


ここのご主人はすごい!ただひたすら感心。


帰りにご尊顔を拝見しましたが、なるほどなるほど、こういう料理になるはずだわ。


配膳は息子さんかな?丁寧な接客で恐縮しますが、笑顔の綺麗な方です^^


超おススメのお蕎麦屋さん。前菜は季節ごとに変わりますので通いたいです♪


さてさて、ずっと預かっているTVR タスカンです(笑)


作業しようにも部品がなかなか入ってこなくて、やっと揃いましたので♪作業していました♪


13B 20B RB26 2JZとお気に入りのエンジンはありますが、このエンジンも好きですね(笑)


好調だと綺麗なアイドリングするんですよ。


整備性は…もうちょっと頑張ってほしいけど、私が頑張ります(笑)といった感じ(笑)


今回は、ベルト交換と冷却水ホースの交換。このホースが入ってこなかったんです。


で、ベルトはと言うと、


エアコンベルト。すでに交換済みの写真ですが(笑)これが一番前にあって、これは楽勝だろうと思いきや、ベルトはドライブプーリーを外してあげないと出てこないし、新しいのは嵌められない(笑)


なかなか罠が潜んでいるのかも?と思いつつ次が…


オルタネーターベルト。ま、これはなにも罠はなく…


が、この写真の右の奥にもう一本ありまして…


パワステベルト。この時代は油圧式のパワステなので、ポンプ駆動にベルトです。


こんなのどうやって交換するんだよ?と。


わかってしまえばそんなにややこしくはないんですが、ここまで来るのにそこそこの時間はかかります。


エアコンベルトの駆動に使われていたドライブプーリーからシャフトが裏に生えていて、それで回している。


ドライブプーリーは、クランクからのギヤ駆動で回っているようです。


いろいろ考えるもんですね~。


TVRもメーカーとして復活するようですし、このSPEED SIXでもう一回作ってもらえませんかね?(笑)


今度はツインターボで900馬力くらい出して(笑)2ペダルシーケンシャルミッションにトルクスプリット4WDで(笑)

閲覧数:36回

Comments


bottom of page